新型コロナウィ&...
Home ›  Forthcoming Events Management  ›  新型コロナウィルス感染症(COVID-19)防止・管理に関する渡航及びビザ情報(改訂) 2020年3月18日

在大阪∙神戸インド総領事館

*****

 

(翻訳間違いあるい齟齬があった場合、英語版が優先する?)

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)防止・管理に関する渡航及びビザ情報(改訂)すでに発効済みのビザ規制及び渡航規制に加え、2020?3?18?12:00GMTより、下記規制を追加適用いたします。

1. 全てのEU加盟国(オーストリア、ベルギー、ブルガリア、クロアチア、キプロス、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセ, ンブルグ、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、スロバキア、スペイン、スウェーデン)、欧州自由貿易連合国(アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、スイス)、トルコやイギリスからの旅行者は、陸路/空路/海路といった入国経路に関わらず、インドへの入国を禁止します。この入国禁止措置はインドへ渡航しようとする全ての外国人が所在する最初の出発地空港・港において、202031812:00GMTを迎えた時点で発効します。なお、これは2020331日までの一時的措置です。

2. すでに発効済みの下記ビザ制限については、引き続き有効です。

i. 申請者の国籍に関わらず、全てのインドビザを​2020415日​まで一時的に無効とします。なお、外​ 交官、国連や国際機関職員に発給されたビザ、また雇用ビザ・プロジェクトビザ、民間航空会社の定期便乗務員に対し発給されたビザは対象外​とします。

ii. 現時点でインドに入国済み・滞在中の全ての外国人の方が所持するビザについては、引き続き有効とします。​滞在期間の延長やビザ種別の変更を希望される方、または領事サービスの利用を希望される方は、e-FRROモジュールから最寄りのFRRO/FROにご連絡ください。

iii. 現時点でインド国内に滞在中の外国人が所持するOCIカードは、引き続き有効です。

iv. OCIカード所持者に認められているビザ免除措置は、2020415日まで一時的に停止します。​この停止措置は、インドへ渡航しようとする全てのOCIカード所持者が所在する空港・港において、2020313日​12:00 GMT ?(日本時間 21:00)を迎えた時点で発効します。

v. やむを得ない事情でインドへの渡航を希望する外国人の方(OCIカード所持者を含む)は、最寄りの在外インド公館にて新規ビザ申請を行ってください。

vi. 国境を越える国際交通については、インド政府内務省が指定する国境検問所を通る経路に限定されます。詳細は、インド政府内務省が2020314日に発出した通達(O.M.No.255022/12/2017-Imm) をご参照ください。

 

インド政府健康家族保健省が順守を義務付ける渡航情報を発出しています。

アフガニスタン、フィリピン及びマレーシアからの旅行者の入国を即時禁止します。インド標準時15:00以降、これらの国からインドに向かう航空便は全て出発できなくなります。出発港の航空会社は、これらの国からインドに向かう全ての航空便にこの措置を適用しなければなりません。なお、この措置は2020331日までの、一時的措置です。その後は、状況に応じ見直しが行われます。

イタリア、または韓国​からインドへ入国しようとする旅行者及びこれらの国への渡航歴がありインドへの入国を希望する旅行者については、イタリアまたは韓国の保健当局指定の検査機関が発行するCOVID-19検査陰性証明書が必要となります。この措置は20203100時からCOVID-19の流行終了が確認されるまで適用となる一時的措置です。

中国、イタリア、イラン、韓国、フランス、スペインそしてドイツからインドへ入国しようとする​インド人を含む全て の旅行者​、また2020215日以降にこれらの国に​渡航したことのあるインド人を含む全ての旅行者​に対し、最短14日の隔離措置を行います。この隔離措置は、インドへ渡航しようとする全ての外国人が所在する空港・港において、202031312:00GMT(日本時間21:00)を迎えた時点で発効します。

アラブ首長国連邦、カタール、オマーンそしてクウェートからの旅行者には、最低14日間の隔離措置が義務付けられます。この入国禁止措置はインドへ渡航しようとする全ての外国人が所在する最初の出発地空港・港において、202031812:00GMTを迎えた時点で発効します。

インド人を含む全ての旅行者に対し、​不要不急の来印は控えるよう勧告いたします。入国後、最短で14日間の隔離措置の対象となります。ご留意ください。

インド国民については、​引き続き中国、イタリア、イラン、韓国、日本、フランス、スペインそしてドイツへの渡航を控えるよう、強く勧告いたします。

インドに帰国する全ての海外旅行者の方は、政府発出の禁止・注意事項に従い、健康観察を行ってください。

国境を越える国際交通については、強力な検疫設備を備えた国境検疫所を通過するルートのみに限定されています。インド政府内務省が別途発出する通告をご確認ください。

なお、インドの入国される全ての外国人旅行者の方は、入国審査の際、個人情報やインド国内における連絡先(電話番号や滞在先住所等)や旅行履歴等を記した正式な自己申告書2通作成し、入国港の保健担当官及び入国管理官に提出する必要があります。

健康に関する問い合わせは、インド政府健康家族保健省にお寄せください。電話番号は、+91-11-3798046 (年中無休)です。または、メールでも受け付けています。メールアドレスは、​ncov2019@gmail.com? です。

*****

よくあるご質問(英語版)

2020318

 

* GMT (グリニッジ標準時)

 
 
   
© Consulate General of India, Osaka-Kobe(Japan) 2020. All Rights Reserved.
Terms & Condition | Privacy Policy | Copy right policy | Accessibility Statement | Help |
Powered by: Ardhas Technology India Private Limited